<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

+50  パリへ着いて1週間

今日無事に、1日目の花屋の試験的研修が終わった。
運悪く、今日は特別に忙しい日だったらしく、四苦八苦しながらもフランス語を話し、あとは英語でなんとかやりとげた。
今日一緒に店で仕事をしたクリストフはフランス語しかわからない。彼の言っていることが理解できても、こちらの意思を伝えるのにかなり苦労した。
店の雰囲気は黒が基調のかなり好みの空間ではある。ディスプレーの仕方も色をマスで固めて配置していく感じはとてもシックに仕上がっている。
繊細で細やかな手さばきを要求されて、久々に緊張しながらも気持ちよい仕事ができたと思う。
久々にバラのにおいに癒された。置いててある花はほとんどがバラなので、仕入れ日の今日は、買ってきたばかりのパラの水揚げをずっとしていた。
おかげで、一日で手はボロボロになった。
方向音痴の私が近くに2件もお届けに行ったり〔かなり焦ったけど〕。ミニブーケを組ませてもらったりもした。
一番最後に手入れをした、枝ぶりがか細くて繊細な頭の小さなピンクのバラは、カトリーヌ・ドヌーブの注文花。そのバラは彼女のお気に入りらしい。特別丁寧に、指でトゲをとってあげた。ちょっと緊張した。

きっと外気温0度前後と同じであろう店内で、寒さで足はかじかんでガタガタ震え、クリストフに貼るカイロをもらって寒さに耐えつつの仕事。〔←これは、かなり救われた!〕
そんなこんなでも、とても楽しい一日だったと思う。

ただ、疑問が残っている。
パリへ着いて1週間。銀行口座も電話もまだ、友達との連絡手段も公衆電話ではままならず、依然として冷蔵庫の中はとてつもなく臭くて使えない。〔明日、冷蔵庫内を漂白する予定〕
昨夜は、冷蔵庫代わりに外の窓辺に水を置いていたら、うっかり下に落としてしまうハプニング。買ったばかりのボルビックのボトルをドッカーンと、深夜にお騒がせ。。。
こんな風に生活の基盤が整わないまま、仕事に突入してしまったのだ。
こんなラッキーなことはないって、オドラントで研修を望む日本人にとっては、誰もがうらやむ。美意識がかなり高い彼らのもとで、繊細な物腰やアートの思想に触れて、感度を磨くチャンスだとは思う。

でも。。。パリで花の仕事か。。。と少々戸惑っている。
他にもやりたいことは山ほどあるし、こんな気持ちで仕事する自分も嫌だし。
花業界以外でも、少しずつ人のつながりを広げ始めているし。
まだまだ、どんどん動いていきたいと思っている。
店に遊びにきた、同じ通りに住むという在住15年のマリコさんは、言葉の壁よりも人柄を重視するからねと言ってくれたように、クリストフはけっこう私を気に入ってくれたみたいだった。
もしよかったら研修においでよと言ってくれたクリストフの言葉に後ろ髪ひかれつつ。。。
ヘアメイクアーティストでもあるエマニュエルは、午前中の少ししか一緒に過ごさなかったけど、忙しさのせいでか、きっと私に少しいらだっていたようだ。
帰り際、クリストフがそのことをえらく気にしていた。
いつもはこんなではないからね、機嫌悪かったエマニュエルの事は気にしないでね、ディアーと、親しみを込めてフォローして言ってくれた。

今週は、やるべき手続きを済ませて、土曜日に大家に壊れた窓を修理してもらい、来週にもう一度改めて返事をするつもりでいる。
[PR]
by coco-ni-iruyo | 2005-12-21 06:48 | パリの暮らし

+49  暮らすということは

とても大変なことだ。 
パリへ着いて5日がたった。前の住人が大家の弟らしく、食べ残しの残骸や冷蔵庫には腐ったマシュッルーム、臭い毛布やら布団、壊れたパソコン。。。言い出せばきりがないほど。
泣きそうだったのは、冷蔵庫。未だににおいが取れない。冷蔵庫にものも入れられず、寒い外気が冷蔵庫代わり。窓の外に牛乳置いて。
そんないろんなものを、アパートの5階を何度も往復しては、ゴミ箱にガンガン捨ててやった。昼に捨てたくっさいカーペットだけが夕方には消えていたので、誰かもっていったっぽい。
めざとい奴らだね、まったく。。。

風呂場を磨いてキッチンをピカピカに磨いて部屋中除菌して。
やっと基本的生活レベルに達した。昨夜深夜3時までかかった。へとへとになりながら、熱いシャワーを浴びた。でも、風呂場の窓が壊れてしまらないので、凍えそうだ。
私んちに泊まりにくる方には申しわけない。。。それまでになおしておきます。なるべく。。。

パリへ来る前から苦労はすると覚悟はしていたけど。これが現実なんだと、しみじみ感じる今日この頃。いつもわがままし放題、えらそうな口ばかり叩いていた母に、ほんとごめんなさい。
気をきかせて荷物にしのばせてくれた物を見るたび、涙がでそうになった。
汚くて臭いものに囲まれた部屋で、疲れきってへとへとになって、持たせてくれた母の自家製の梅干をどんなにありがたく感じたか。。。
日本って本当に清潔だし、住みやすいとこだよねまったく。。。と何度ひとりごと言ったか。

楽天家で、不潔もたいがいは大丈夫な私なもので。こんなのも案外平気。
フランス語も恥ずかしげもなくガンガンしゃべってます。嫌な目にあうどころか、顔なじみのお店もできた。昨日は、顔なじみになった雑貨屋でおまけに石鹸をもらった。
同じアパートの住人のナタリーおばさんとも、手を握って挨拶なんてしてもらって。
こういうのが嬉しいね〜
そんなこんなで、夜はちょっぴりホームシックになったりするけど楽しくやってます。

そうそう、ラッキーにもすんごい花屋で仕事をすることになりそうです。
花の仕事は予定外だったのだけどね。でも、紹介してくれた友達いわく、これはすごいことなんだそうだ。〔みんな断られてるんだからね。この機会を逃しちゃだめ〕ということで、会いに行ってみると、店のオーナーが私を気に入ってくれたので、来週火曜日に試験的に行くことになった。
うまく行けば1月から1ヶ月研修して、その後は交渉次第で給料ももらえるみたい。
場所はサンジェルマンデプレ。
久々に花に触れられるので、かなりわくわくしている。
日本の花の雑誌の常連らしいです。花関係のかたはチェックしてみてください。
名前は、オドラントといいます。

ネットカフェへなかなか足を運べないので、更新、コメントが遅れてごめんなさいです。
がんばってレスをいれますので、これからもコメントよろしくお願いします!! 
今日も、レスが間に合わなかった。。。あと残り4分 コメントくれたみなさんごめんなさい。

それではまた。。。
[PR]
by coco-ni-iruyo | 2005-12-18 01:33 | パリの暮らし

+48  パリ便りはじまります!

みなさん、励ましのメッセージをたくさんありがとう!!!

coCoは無事にパリへたどりつきました。
昨日は、空港へ着くなり税関でトラブルがあったらしく1時間も足止め。
セニョールホセさんが何か呼び出しを受けておられました。笑

タクシーでムフタールのアパートに着いたら、大家さんが呼んでもいなくて、
そこでもまた1時間近くも待たされて。まぁ、こんなもんかぁとか思いながら、のんきに近くを散歩しました。
アパートのあるムフタールは最高の環境です。
私の声のでかさがいつもの10倍になるくらい!と言えば、どれくらい私が満足しているかがわかるかなぁ。
まぁ、その話はおいおい。。。

アパートなのですが、広さは約10畳ほど。
ちょうどbayと同じぐらいです。(一部の人にしかわかりませんね。。。) 
以前いた人が男性で、まるで夜逃げしたみたいにいろんな生活用品が散乱していて、正直 くっさーい!!!
かなりなんかにおう。。。のです。香水ふりまくりました。
掃除することも、新生活スタートの楽しみでもあるので、まぁこれも仕方ないかと。

今は、家からほど近くにあるネットカフェからブログアップしてます。1時間3ユーロ。
早く家のパソコン環境を整えなきゃ不便でしかたないです。

あと10分しかないのでミクシーしよっかな。
それでは、また。。。
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2005-12-14 01:44 | パリの暮らし

+47  パリへ。。。

d0033698_17591841.jpg
それではみなさん、元気にいってきまぁす♪
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2005-12-11 18:21 | こんな日、あんな日

+46  送別パーティー

d0033698_238894.jpg
昨日の夜、ちぃちゃんが仲間を集めて送別会を開いてくれた。
送別会って、しめっぽくなるから苦手だと思ってたけど、
パーティをcoCoの為に開いてくれたってこと、仲間がたくさん集まってくれたこと、
何よりもそれが心にぐぐっときた。

パリで過ごすのは1年の予定だから、きっとあっというまだと思うし。
今まで散々まわりに迷惑かけて酒乱行為をしたので、ここいらで冷静になっても。
というわけで、
空港での別れ際、やさしいキスをもらっても泣かないと決めている。

いとしのちぃちゃん&我らのミスターGIM君のギター&ブルースハープのセッション
いつもの感じで賑やかに、楽しい夜にしてくれてありがとう。
料理もデザートも、みんなの笑い声すべて嬉しかった。


ありがとう。。。。。♪
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2005-12-08 23:33 | こんな日、あんな日

+45  12月6日(雨あがり曇り、寒空)

d0033698_16424125.jpg
以前から物忘れが激しいというか、海馬がいかれているというのか。。。
つい昨日の出来事や人の名前も、関連づけがないとすぐ忘れてしまったりする事が多々ある。
だから、忘れる前にすかさずメモを取るようにしている。
そうしないと安心して考え事もできやしない。
その記憶障害も最近はめっきり拍車をかけてるっぽい。
この間の日曜の朝、突然ぶったおれてゲーゲー吐いて、
苦しくて涙流しながらうんうんうなされて。延々と眠り続けることまる二日。
すっかり遠くに行っていた。
ここ数日のことがまるで遠い過去の出来事のような、妙な懐かしさと切なさに襲われた。
失った水分を1.5Lのポカリでなみなみ潤して、シャワーをざぶざぶ浴びて、
ぼんやりと、普段見ないようなこ難しいテレビを見ていた。

ぬくぬくした布団の中では気付くこともなかった外気温の低さに、
夜ちょっと外へ顔をだしに出ただけで、ギョエッと身震いした。
雪の降り積もるパリを想うと、
「あったかババシャツ、やっぱもう一枚いるよなぁ。。。」と、
またごろんとふとんに包まりながら、寒いのは何よりも嫌いなんだぁ〜などと叫んでみたりする。
叫んでみたところで、パリの冬は寒いし暗いし長いし。。。たまったもんじゃないな。

パリの姉さんに、「おみやげ何がいい?」って聞いたら、
おでんの素、S&Bクリームシチュー、チューブわさび、鎌田の醤油。。。
寒いと、やっぱシチューよね、おでんよね〜 かす汁だぁね〜〜

で、待ちに待った近所のごはん屋さん「いろり」のかす汁、始まりました。
うまかったぁ~~!!!
酒かすの濃度が濃い!野菜がざっくりおっきい!甘さがとろ~り舌の上で優しい♪
物忘れは激しいけど、細かな味の記憶やどこで何を食べたとか、その場の空気感や匂いやら
食べものにまつわる記憶は、なぜだか忘れたことがないな。。。
どんな記憶も、何かしら食にまつわることならば忘れないのだ。
さすが、くいしん坊の特技だなぁと思う。
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2005-12-06 18:17 | こんな日、あんな日

+44  旅の心がまえ

d0033698_0391395.jpg
Photo:Galerie Tzigane

日付けが変わって12月へ突入。出発まで2週間をきった。がさがさ、ざわざわと忙しなくなってきて。
気分もぐんぐん前へ前へとGOGO進んでいる。
まわりの親しい友人は、当の本人よりそわそわしている。
昨日今日と、長らく会っていなかった友達が送別会をかねて集まってくれて、にぎやかに食事。
自分のことのように喜んでくれている。こういうのって、うれしい。とてもうれしい。
ひとりで旅立つわけだけど、待ってくれている人がいるという事ほど幸せなことはないんじゃないかと思う。
そんな人たちみんなにありがとう。。。。。

1年後どうなっていたいか、どうなっていてもらいたいか。
12日の出発までの宿題。

もっと精神的に強くなること。
これを軸に、明確な目標をたててみようと思う。
人生は戦いですって。だからこそ楽しいのよね。
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2005-12-01 01:08 | こんな日、あんな日