<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

+73

d0033698_66880.jpg














桜咲くこの時期、いつも思いだす。
声をかける事や触れること、遠くへ行ってしまった今はもう、淡い記憶だけ。
いなくなってしまってからも毎年変わらず
いつまでもめいいっぱい咲き乱れては、
ひらひら舞い散る儚いピンクの桜の花びら。
とてもとても愛おしい。

シャベルを手にした太くたくましい腕、浅黒く日焼けした横顔だけがやけに脳裏に焼き付いている。
あの日、子供だった私の背丈と同じぐらい小さかった2本の桜の苗は、
長い時間をかけて、ゆっくり少しずつ成長しては、
今ではすっかり深く地中に根をはった。






d0033698_7454549.jpgサクラ 。。。♪ サクラ 。。。♪

。。。うぅ、ちょっぴりホームシック? なのか。。。?!
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-04-30 07:51 | パリの暮らし

+72

d0033698_417692.jpg













「次、どこ行く?!」の言葉をどちらかが口にすると、
翌日にはチケットと宿の手配は完了。
その1週間後、目の下にクマをつくり眠そうな青白い顔した女ふたりを乗せた列車は、
旅情心くすぐる、早朝のパリ北駅を出発していたというわけです。

今回は運河の街、ベルギーはブルージュ、オランダはアムステルダム4泊5日の旅。

なんともまぁいつもゆるゆるしている私たち、それぞれに独立独歩的人間。
あ?うん!の呼吸で気の合う旅友とは、時間とお金の許す限りずーっと旅を続けたいと思うもので、
「独身はいいなぁ〜〜!最高!。。。」と
その言葉の裏にあるものを、もちろん何も言ったりはしない。。。

ブルージュでは日本からの観光客のおばちゃん達や日本語アナウンスから逃げるように、
ちょっと歩いてはビール♪そっちこっちあっちのカフェでビール♪。。。てな感じ。
口の中にふわっと鼻と喉をぬけてゆく、
豊満な女性のふくよかで艶っぽいボディのごとくひろがる旨味と香り。
まんまとやられてしまった。。。


d0033698_5183745.jpg重厚な建物に囲まれた街を離れ、鮮やかな赤青黄のポップな配色、四角い箱の現代建築がそこかしこに秩序正しく並ぶアムスにやって来ると、浮き足だって心がルンルン弾む。

街の中心地には、水平とも垂直ともあきらかに違う!
見てるだけで船酔いしているような、隙間はセメントで埋められ少し前に傾いちゃったけどまぁいっかー、みたいな建物がちらほら。
運河沿いには船上の暮らしがあって、
気の利いたデザインがさりげない素敵なカフェがたくさんあって、
電動車椅子のおばちゃんが、路上の真ん中を時速30キロでびゅんびゅん走る街。

こんなとこでちょっと生活するのも楽しいだろうなぁーとか思いながら、
自己責任にまかせた大人な街アムスをけっこう気にいったわけです。






d0033698_5373467.jpg着いた初日から、「ふたりでアムスで暮らそう!」なんて、
わけのわかんない事をのたまってみたり。

薄汚れた中心街であちらこちらから漂ってくる副流煙、
わたしたち、缶コーラ1本で十分みたい。。。いやはや;
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-04-26 05:59 |

+71

ポルトガルの朝市

d0033698_22253.jpgリスボンから列車で2時間ちょっと北にあがったところ、コインブラという学園都市からさらに車で1時間ほど走らせた海辺の街ミラで、知り合いのおうちにお世話になった。
マルシェへ行くのはお約束。
その土地の人の暮らしを垣間みるにはまずここから。










d0033698_2243798.jpgどこかバタ臭くてぜんぜんあか抜けてないとこが想像していたイメージ通りで嬉しかった。
こっちのおじちゃんの多くは、決まってモスグリーンのジャケット着てハンチング被って、ほっぺが真っ赤だったりするのがかわいいけど、ポルトガルが男性名詞であるように、女性名詞のフランスとはどこか違う”女が暮らしを支え、俺についてこい的男社会”の匂いを感じた。
フランスのムッシュみたいに、所かまわずたやすくナンパしてくるようなタイプではもちろんない。

d0033698_2123446.jpg←このおばちゃん、超ヒット♪ 













d0033698_2293469.jpgパリでも、肉屋さんの前で鶏の丸焼きがぐるぐるまわっているのを良く見かけるけど、こんな風に改造トラックに何十匹も鳥が挟まれて、もくもくと煙をだして芳ばしい匂いをあたり一面ふりまいてまわってるさまは、とっても大胆。
食べなかった事が今だ悔やまれる。。。




☆追記:明日(4月19日〜23日)から、またまた旅に出ます。
今回はベルギーはブルージュ、オランダはアムステルダムです。
コメントの返信が遅れますがよろしくお願いします♪
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-04-18 03:09 |

+70

d0033698_837953.jpg














誰しも、心の中に、いつも帰りたいと願う場所があったりすると思うのだけど。
たとえ今すぐそこへ飛んでゆけなくても、
目をつぶって、
胸の中で高鳴り、耳の奥の方から何やら聞こえてくる音に耳を傾ける。
すると、その空気の匂いまでワサワサシュワシュワ、
まるでそこにいるかのような錯覚。
不思議だ。
切ないけれど。
そんな景色がいつも心の中にあるという事が、とてもとても嬉しい。

ポルトガルにいると、ときどきそんな風に感じた。
なぜだろう。。。

郷愁あふれる国。
年を重ねた日本のおじさま達が、まっさきに訪れたいと思う国。。。
高倉健も大好きな国(旅友談)。。。

う〜ん、ポルトガル。。。


また、確かめにゆかないと。。。



d0033698_901356.jpg
[PR]
by coco-ni-iruyo | 2006-04-10 09:04 |