<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

+77

d0033698_9542152.jpg













5月29日パリ時刻深夜2時半。
ほんの数時間前までは、マラケシュにいた。
確かにそうだったはず。

マラケシュから、4,000M級の赤い岩肌の険しくも細いぐねぐねと曲がりくねったアトラス山脈を超え、延々と広がるカラカラに乾いた大地をひたすらに走り、サハラ砂漠を東へ、アルジェリアの国境地帯をまわって無事にマラケシュへたどり着くまでの3日間の旅。
今だかつて経験したこともないような怒濤の時間、私達はこれからいったいどうなるんだろう。。。
無言のままに、一抹の不安と
目の前で白い歯を見せてニコニコ呑気に笑う、
陽気で可笑しな野生児の男二人を信じるしか、もうなすすべはなかった。

もしもあの時、あの10時のバスに乗っていなかったら。。。
もしもあの時、あのバスが故障していなかったら。。。

きっと、自称ノマドだと偽りやたら親しげに話をするその男、鼻はひん曲がり、酒と薬でボロボロになった歯を見せ笑うずるがしこい商人にまんまと騙されて、
抵抗する私達は、ワルザザードの村から荒れ果ての地、サハラ砂漠に捨てられていたかもしれない。。。

あーーーーーー、ほんとバカだった。。。!(なぜ彼を信じたかも、今だ自分達が信じられないが)

が、しかし!

最強の旅の守り神がついている事を今回改めて思い知った私たち。
モロッコの先住民族ベルベル人(幼い頃はノマドとして、ヤギを引き連れサハラで生活していた)、アブラハムとアブドゥという名の、頼もしくて心優しき二人に助けられたというわけです。

無事にパリへ戻ってくることができて良かった。ほんとーうに良かったっ!


d0033698_9552088.jpg延々と続く赤土の乾いた大地に、力尽き横たわる、しっぽの毛だけがわずかに残る野生のラクダの屍を横目に、カセットテープから流れてくる軽やかに響くパーカッションと騒がしい歌声、
ノンキに陽気に笑う、二人の男達。
荒れ果てた大地を走りながら、砂漠の花を見つけると、
「あー、ここには水があるんだね!」
と、ホッと安心してみたり。



砂嵐にのみこまれそうになって、目をしかめ顔をこわばらせ、
ワラのようにガシガシのバサバサになった髪を束ね、
頬やおでこに降り積もる砂を、砂で汚れた手でこすり、
歯に砂のはさまった口の中に、砂入りの食べ物をほうりこむ。
埃や虫やいろんなものが入り交じった井戸水が流し込まれた胃腸の中は、
ぎゅるぎゅる異様な音をたて、すさまじい事になっていた。
「トイレットペーパーと薬、持ってきてたのが救いだったよね!」
もう、笑うしかなかった。。。

平へい凡ぼんに、平和な国でシステマティックな教育を受けて
ごくごく普通に生きてきたこの女ふたりは、
動物や自然とともに暮らしてきた彼らは驚きの偉人でしか思えなかった。

すごすぎる。。。


d0033698_9553533.jpg「何も恐れてはいけないよ。。。
恐れたら、人は死ぬんだよ。。。
自由でいよう。。。
お金も物も、何もいらない。。。
水と大地と太陽と、大きな空と満天の星空があればそれでいい。。。」と。








「2ヶ月かけて、アトラスの山を登ろう。
ヤギを100匹用意するよ、もうどこにも行かなくていいよ。
うちにお嫁にくるんだよ。僕たちに家はいらない。
自由に、どんなとこでだって暮らせるよ。。。」だって。。。

おーーーーーーーーーーい、勘弁してくれーーーーーー。。。
あまりに生きてきた文化が違いすぎる。

澄んだ瞳と、彼らの知性と誇らしげな態度には、ほんと頭が下がったけれど。
人生を楽しみ、勇気と誇りをもって堂々とたくましく生きるということ、
そして、人間のやさしさとずる賢さと。。。
いろいろな事を教えられた。


歌って手をたたき、たくさん笑ってふざけあって。。。
きっとずっと一生忘れない、これは愉快な旅だったんだ!

。。。。。と、今は笑ってそう言える!
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-05-29 12:00 |

+76

d0033698_11583692.jpg





















パリ時刻、ただ今早朝5時をまわったところ。
昨日のとある出来事による心労と、ここ最近のへんてこりんなパリのお天気のせいで、
脅威の花粉症が夜になっても治まらず、結局夜通し、うんうんうなされてしまった。
お天気はほんとうにどうかしちゃってる。
ゴウゴウと台風のような荒れ模様と豪雨→ピタっと止んで快晴→15分後、ふたたび大荒れ
→またピタッと止んで晴れ渡る青空→ふたたび集中豪雨。。。てな具合。
小学生の時好きでよく見ていた、男女7人夏物語りのあの名場面、
大雨の中、さんまが叫ぶあのシーン。
「おまえが好っきゃねん!!!」。。。を思いだした。

外では、鳥がすでにお目覚めのようでぴゅーぴゅー鳴きはじめた様子。
実はこんなノンキに夜更かししている場合ではないのだけど。。。
6時間後には、飛行機に乗るってのにー!

というわけで、今日から1週間モロッコはマラケシュへ行って来ます。
ロバート・ハリス著の「終わりなき旅路/モロッコ編」を見て、
ずーーーっと行きたくてうずうずしていたので、興奮度はかなりのものです。
陽昇る国ニッポンであれば、陽沈む国モロッコ、だそうです。
迷路のような道を彷徨い歩き、屋台でむさぼり食い、砂漠でラクダに乗る。
が今回のテーマです。

いつもの旅友と女ふたり旅。
ふっかけ言い寄ってくるモロッコ男子の押しの強さに負けないようーーに!
パリにいるアラブ人よか、とってもサンパらしいと噂に聞くが。。。
どんな旅になることやら。。。

それではみなさん、行ってきまーす♪
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-05-21 12:34 |

+75

d0033698_844126.jpg





















食後、飲み干され空っぽになったままのグラス3つ
テーブルに置き去りにされたままの未会計のレシートを横目に、
たわいない女友達との談義は延々と続いた。
その余韻をひきずったまま帰宅。
友達から私の本質とは全く正反対な意外なことを言われたので、
その事が、ずっと遠い昔の、数えきれないほどしでかした
こっぱずかしい自分の姿をありありと鮮明に思い起こさせた。

私はいつも本番に弱かった。プレッシャーに押しつぶされてしまうタイプ。
競争することは嫌い。団体競技も苦手だった。
父親譲りの運動神経の良さは、スポーツテストではいつも学年5番以内の保証付きだったけれど、
いっつもどんくさいことばかりしていた。
中学で入ったバスケ部の試合では、緊張してフリースローは3回落とすような監督の悩みの種だったし、
高校の陸上部では幅跳び選手だったのだけど、
1年生の時に跳んだ5M50の驚きの新記録は、練習中の学校の砂場。
試合では3回ファールはしょっちゅう。
みんなが見ている大きな試合でおもいっきり這いつくばるように転んだこともある。

なので、「私にスポットライトを!」って私が思いつくはずはないし、
そんな華やかな世界とはとてつもなく縁遠いお話だ。

ただ唯一自分で自分を褒めてあげるとすれば、打たれ強いこと。
いろんな事に人の倍は時間がかかることに早くから気がついたおかげで、
打たれ殴られ蹴られるほど屈辱的な思いをしても、
あーこれは仕方がないことだと、早くからあきらめてしまっても別にいいんだと、
そんな変な方向へ、今の私を形成する芯のズブトサが自然と養われた。
何事もあきらめた時から自分との勝負は始まると、私は思うようにしている。
結局、物事全て自分との戦いなので。
人と競う事から逃げるなと言う人もいるけれど、そういうのが得意でない私みたいなタイプの人間は、
ゆっくりとマイペースに少しずつものにしてゆければいいと思っている。
やりたいと思う自分の情熱が続く限り、自分にだけは嘘をつかなければそれでいいと思っている。
そう簡単に本質なんて変えられないと思うし。。。
子供の頃のはずかしい事柄も全て、今の自分につながっていると思うから。

遠い昔のそんな自分の姿を頭に思い浮かべていたら、頬がゆるんで可笑しくなってきた。。。
こんなぐらいが調度いいかも。
明日、あさって、1週間後、半年、1年後。。。
きっと、少しでも前には進んでいると思う。。。
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-05-15 09:52 | パリの暮らし

+74

d0033698_826020.jpg
















電話ごしのむこうで、
ふかふかやわらかい洗いざらしのタオルのようないい匂いと、
ピカピカ眩しい光の筋を感じていた。
10月初旬には産まれるらしい。
お腹のふくらみもだいぶ目立つようになったと、
お姉ちゃんは嬉しそうなはずんだ声で言っていた。
お兄ちゃんは、絶対に男の子が産まれると心底信じているようで、
無邪気に毎日いろんな思いを募らせては、夢をふくらませているんだろう。

男と女が結ばれて、子供を持つとか持たないとか、
結婚するとかしないとか、いろいろな生き方があるけれど、
こういうのっていいなぁと、素直に思った。
ほんの一瞬だけど。10秒ぐらい。

深夜2時を過ぎても、体内時計は午後2時ぐらいにエネルギッシュに気分が高揚して
身体中カッカカッカと暑くるしくヒートしている。
女の周期はやっかいなものだなぁと、つくづく思う。

シーンとした夜の闇の音に肌を撫でられながら本でも読んでいたら、
そのうちコクコクと眠ってしまうかな。。。
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-05-04 09:21 | パリの暮らし