2006年 05月 04日 ( 1 )

+74

d0033698_826020.jpg
















電話ごしのむこうで、
ふかふかやわらかい洗いざらしのタオルのようないい匂いと、
ピカピカ眩しい光の筋を感じていた。
10月初旬には産まれるらしい。
お腹のふくらみもだいぶ目立つようになったと、
お姉ちゃんは嬉しそうなはずんだ声で言っていた。
お兄ちゃんは、絶対に男の子が産まれると心底信じているようで、
無邪気に毎日いろんな思いを募らせては、夢をふくらませているんだろう。

男と女が結ばれて、子供を持つとか持たないとか、
結婚するとかしないとか、いろいろな生き方があるけれど、
こういうのっていいなぁと、素直に思った。
ほんの一瞬だけど。10秒ぐらい。

深夜2時を過ぎても、体内時計は午後2時ぐらいにエネルギッシュに気分が高揚して
身体中カッカカッカと暑くるしくヒートしている。
女の周期はやっかいなものだなぁと、つくづく思う。

シーンとした夜の闇の音に肌を撫でられながら本でも読んでいたら、
そのうちコクコクと眠ってしまうかな。。。
[PR]
by coCo-ni-iruyo | 2006-05-04 09:21 | パリの暮らし